昨日は撞き納めに行ってきました。基本的には「狙う」と「撞く」に分けて自分を見るというテストです。こういったことをすると、パフォーマンスがめちゃくちゃ低下しますね〜。といっても、新しいことは取り組まないといけない訳なので、パフォーマンスの低下を気にしてはいけないですよねー。

そんな中でたまたまいた人に合い撞きに誘われました。曰く、「10年ぶり」とのこと。相手の方はハウスキューで撞いていましたが、結構入れます。きっと以前はかなりバリバリだったんでしょう。

一緒に撞いていると、キューを効かせるようなショットはできないし、ガツンとヒネるようなキューはできません。これはハウスキューが身体にあってないし、めちゃくちゃ久々に撞いたから仕方ないですよねー。

相手の方を見ていると、最初はしっかり撞こうとしていても身体が勝手に弱く撞いてしまってショートしてしまうことが多かったようです。その結果、入るけど、ポジションはあまり出ない。最終的には取りきりまでつながらないことが多いですが、限界を超えてしまうまではきっちり入れられてました。10年ぶりでよく入るな〜、と思ってました。

逆に、たとえ10年ぶりでも「トバす」ようなショットをしようとすると、勝手に身体が対応しちゃうんでしょうか。身体は「トバさない」レベルを自動選択するんでしょうかねー。そうだとすると面白いですねー。実際のところはどうなんですかねー。