カテゴリー
練習

ロングドロー

昨日は、2時間くらいロングドローだけ撞いてきました。こんな配置。

けっこう早めのラシャなので、手前の短まで戻ってきたら合格。最大で短から1−2ポイントくらいといったところでしょうか。

IMG_0420
こんだけ集中してやると、いくつかの事に気づきました。

まず最大のポイントは、普通にまっすぐキューを出すというロングドローができるようになりました!

これまでロングドローの撞き方というのは以下の2つの撞き方でした。

1つめはキューを水平にしながら、最後にキューを上に逃がすような感じで撞くという撞き方。

tama-1

2つめは少しキューを立てながら撞く感じ。手前の短クッションまで引いて1〜2ポイント引くというたくさん引くのは少し苦手ですが、短クッションまで引くだけならば結構楽な感じです。

tama-2

そして、とうとう3つめの撞き方。

普通にキューを出す。

tama-3

意外と、普通のショットですね^^;; これまでどうしてやってなかったんでしょうか^^;;

この撞き方だと、ついた時の感触が少し違う印象がありました:->

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。