カテゴリー
雑談

キューの終点問題

最近、チェン・シミンにはまってます^^;;

すごいっすねー。本当にストロークがキレイすぎます。

他にもCBNTの今年や以前の全日本選手権のものを見たりしてました。

チェン・シミンのストロークって、ソフトショットでもハードショットでも、同じようにキューが出ているように見えます。また、ハードショットや立てキューでも球を叩かずに撞いてるように見えますし、撞いた後のフォロースルーから、撞き終わりのフィニッシュの形がすごくキレイ

どんな強さのショットでも、同じようにフィニッシュの形で止まっているように見えます。

少し立てキューぎみでハードショットをしても、湖にタンチョウヅルがそっと脚を立てるような、そんな澄んだフィニッシュといった感じでしょうか?(←ぼくの語彙力はこれが限界なので、あとは動画見てください^^;;;澄んだフィニッシュという感じがわかると思ってます)

 

ちなみに、自分がこういったハードショットをするとキレイにフィニッシュが収まりません。ぼくはキューの終点という言い方をしますが、たとえばロングドローをしようとするとキュー先がキレイに終点にピタッと収まって欲しいのですが、最後にバタっと1,2cm戻るような動きをします><)

これなんでだろー、と知人と話していたり、その場にいる人に同じショットをしてもらって見てましたが…どうやら自分の場合は握り込みの問題のようです。ショットが終わった後でキューを終点に止めるためにキューをギュッと握っているようで、これがキューが出たあとに少し戻るという動きになっているようです。たぶん。

自分だけでなく、同じ動きをしている人も発見しました。軽く議論をしていたところ、とりあえず完全に撞いた後だし問題ないのではないか?、という話になりましたが(実際にはもうちょっと検討が必要)、一方でチェン・シミンのようなスッとしたフィニッシュの形に憧れるのです。

美意識?

 

「キューの終点問題」への2件の返信

いやぁ、びっくりしました。
チェン・シミンって、どこか危なっかしい撞き方してる印象しかなかったのですが、今はめちゃくちゃきれいなストロークといいリズムですね。
ストロークとかリズムって、究極的には「入れば何でもいい」のですが、こんなふうに毎回同じストロークで淡々と入れられると相手は精神的にきついですよねぇ・・。

そういう効果ってあると思うんですよね。アマチュアの野試合は特にw

nowheremanさん:
こんばんは!!いやー、どこか危なっかしいなんてイメージあったんですか^^;;
最近しかしらないので、もうめちゃくちゃ抜かなさそうってイメージしかないです。

こんなプレイヤーと相手したらやですよねー。全然、動揺してるようにも見えないし、淡々と嫌そうな球も、普通の球も同じように撞いてきますからねー。めっちゃこわい! ><)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。