先日、知人がG-10のタップのキューを持ってました。最近はブレイクキューでも、ジャンプキューでもG-10のタップとかありますよね?(とくにジャンプ)

ちなみにG-10といえば、めっちゃ硬い素材として有名で、もともとはコグノセンティー(そして、RC3(リチャード・チュディ)でしたっけ?ボブ・ハンターもかな??)のジョイントピンで使っていることで有名ですよね。

めっちゃ硬いというので、先角にG-10をつけてみようということで、G-10先角にしたブレイク用のシャフトをわたしも持っています。もともとはACSS(ACCSだっけ?)のシャフトでしたが、先角を交換したらトビがでかくなってしまいました。

まぁ、このあたりはなんでもそうですよね。以前、知人が先角をベークライト(だっけ?)に変えた314を撞かせてもらったことがありますが、これもトビが大きくなっていました(ただ、ノーマルシャフトよりはトビが少なかったですが)

さて、本題はG-10のタップについてです。

ちなみに今売りのジノ・フェラーリとかライノ(たぶん)のジャンプキューのタップはG-10のようですね。ノーブランドのジャンプキューでもあるようです。

このG-10のタップについて、azbilliardのフォーラムで「G-10タップは禁止すべきか?」といった議論が以前ありました。

当然ながら、賛否ありますよね。手球よりも硬いものをタップにすべきじゃないとわたしは思いますし、禁止派の意見です。一方で「で、傷ついた手球あるの?」というのが禁止反対派の意見ですよね。

残念ながら、このフォーラムはこのままで終わってしまっています。

 

ちなみに、先日、こういった記事が

これは先日、DrillInstructorがFacebookに書いてた記事です。なお、このDrillInstructorは、ジャンプキューを売っている人なので、ステークホルダーによる書き込みですが..

 

ビリヤードのルールでは、「手球に傷をつける恐れがあるものはダメ」とありますが、ここが「手球よりも硬いものはダメ」としておけばいいんじゃないかなー、と思ってます。(が、今はG-10はほとんどの大会において、おそらくセーフ)

個人的には多少飛びが悪くても、ベークライトくらいまでにしておくべきじゃないかなー、と思ってます:->

 

なお、タップ自体は硬くてもシャフト部分が柔らかいので、手球に傷がつかない可能性もあるんじゃないか、とか。ラシャへのダメージは他のタップに比べてどうなんだろう?、とか思いますが…