最近、仕事が忙しくてテンパってるのですが(考えがまとまらない)、1時間だけ球を撞いたりしています(昨日は50分だっけ^^;;)

こういう時には車で5-10分と近くに撞けるところがあるのはいいですね。片道30分だったら撞けません><)

さて、最近書いてたサイドへ入れる球の練習をしていましたが、本当にストロークとルーチンの練習という感じです。わたしが勘違いしている可能性もありますが、ダシの練習のイメージがだんだんと変わってきました^^;;

まぁ、何も考えないで撞くでなくて、ラインを考えてから撞くということにすれば、そこそこラインと撞点は分かるのでそれを撞くだけということですよね?

そして、それができない><)撞くだけなのに!!

ちなみに、アップルトンチャレンジもちょっとだけやってます。最初は何度も7,8個いけたのですが、意外といけなくなってました ><) 調子良かっただけか!!

ちなみに7個あたりからどこに出すのがいいのかわからなくなってきました^^;;こっちはダシの練習かな?

ダシというか、どういうとり方をするとリスクが少なく取りきれるかというパズルなような気もしますが、ただストロークの問題よりも、別なところの問題ということです。

と、こんなことを考えていると、やっぱり「ダシの練習」といってもいろいろ要素はあるし、それぞれのダシの練習がどういうものかを意識できるものだなー、と。

ところで、Fumyさんが「飲食店全面禁煙にビリヤード場が含まれるのか(2017年3月9日暫定版) 」という社会派の記事をアップされてました。

たしかに東京オリンピックに絡んで、特に東京周辺は「分煙・禁煙」については考える必要があるかもしれませんね。

わたし自身はタバコが苦手なので、煙たくない店が増えると嬉しいんですが:->