分割統治(ぶんかつとうち)という言葉があります。この言葉を聞いてイメージするのは、昔のインドの支配とかでしょうか?

東インド会社とか?

ところで、この言葉はコンピュータ屋さんも使うことがあります。要は問題を分割して、それぞれに対応しましょうってことですね。

先日書いてた課題についても、やっぱそういうことでしょうか?(っていうか、ビリヤードの出し全般そんな気がしますが)

課題は、こんな感じでおよそ手球と的球を毎回、適当なフリをつけて、サイドに入れてワンクッションで決めたところのワンポイント以内に出すってことです。

これまで配置を見て、「えいや」っと雰囲気で撞点を決めて、あとは力加減をイメージして撞いてましたが、一々きちんと短クッションにまっすぐ入るラインをイメージして、そこからヒネリ加減を決めることにしました。

あぁ、少しだけ精度が上がった(^^)// 決めたところの1ポイント以内に入る確率は50%もありませんが、10%ってことはない^^;; (←以前、どんだけ雑だったんだ)