ダシの雑さやら何やら

ここんとこは仕事の締切に追われてたり、資料が遅れ気味ということもあり球撞きの頻度も低く、ノリません。

そんな感じに全体的に雑でシュート力も落ちてるために、欠点がよく分かります。

例えばこんな配置。

(あ、赤がもうちょっとレールから浮いてる時だ)

 

わたしはネキスト次第ですが、この球は赤いラインの範囲に止めるのが基本です。というか、気づいたらこんな感じ。

ちょっと薄い?

入っている時はいいんですが、調子が悪いと薄いかも…

ダシ次第ですが、甘めのテーブルなら水色の範囲くらいに、そうでなくても、赤色と水色の中間くらいがいいんですよね、たぶん。

ふと気づくと、「絶対にフリを残そう」と薄くなりすぎる癖があるですよね~。まっすぐにするよりはなんとかなりますが、シュートに対して負荷がかかりすぎ。

調子が悪い時はシュート力が下がっているので、こういう出しをすると全然ダメですね ^^;;