そういえば、前から、わからないことがあります。

この球。

何が分からないかというと、手球(下の白い球)を的球に当てる時に球に対して少し逆(上図でいうと左)をヒネると、手球が少し厚くラインを取るという件です。上の図でいう、実線が90度分離とすると、破線のように走る、というヤツです。

ここでは、実際には90度分離じゃなくて89度くらいだ、とか、そもそも無回転かどうか、とか、そういうツッコミは無視します:->あと、上図では、実線と破線の差が大きいですが、実際にはここまで顕著ではないでしょう。

さて、この左を撞くと少し破線のようなラインを通るというのは球に聞きます。まぁ、ありそうなことではあります。そもそも左をついてるから手球が左にカーブするような回転が入っていて、的球に当たって速度が落ちるとその影響が大きいとか、少し手球が跳ねやすくなって、その分少し高いところで当たってより奥にいくとか、いうことでしょうか?そもそも、ジャンプもカーブも影響がなくても、少し手球が厚く転がるという考えも聞きます。

実際にどうなんだろう??、とこの話を聞く度に思います。

けど、実際にはこの影響を感じたことがないし、考えたこともありません^^;;;;;;;どういう時にいる知識なんだろうなー、と聞く度に思ってます^^;;

 

上図のような時に殺したい時は少し左下を撞くというような撞き方はしますが、それは別のお話。