すっかり忘れていましたが、手元にランブロスのラミネートシャフトがありました。普通のラミネートを持ってることも忘れてました^^;;

普通のラミネートと、オレンジの方がラミネートを作成するために作ってたプロトタイプシャフト(らしい)です。


ランブロスのラミネートシャフトは放射状に広がっているのでなくて、層のようになっているものですが、この層がプロトタイプの方が厚い(あまりラミネートしてない)って感じです。あと、木が違います。メープルじゃないと思いますが、何かは知りません^^;;

昔はこのラミネートのプロトシャフトはかなりのダメシャフトだと思ってまして、わたしが撞いたハイテク(機能や性能はともかくハイテクっぽさを謳ってる)シャフトの中で、1.キューテックのサンダーボルト、2.エドウェイン・レイズのER240につぐダメシャフトだと思ってました。

でも、経験が増えたのか、タップを交換していい感じになったのか意外と悪くない^^;;

ちなみにタップはストックの中からモラビアM(たぶん)をつけてます。

ついた感じは硬め、2001年くらいに作られたはずなので結構枯れてると思いますが、普通のノーマルシャフトみたいな感覚です。

2005年以降くらいから、先角あたりがかなり中空になっていく印象がありますが、まだこの頃はそういったかんじじゃなかったでしょうか?

その分、トビもしっかりでます。たぶんWD700とかVIシャフトよりも相当トビがでます。普通のノーマルシャフトと思えばオッケー^^;;

あと、メープルじゃないっぽい見た目ですが(木目もなんか違うし、色も違う)、そのあたりは結構普通な印象です。むかしは、もっとガチガチだった印象ですが、そういう感じじゃなかったです。10年くらいたってるので、木の弾力が変わったのかな??よく分かりませんけど。

押し引きの感じもほとんど普通の硬めのノーマルシャフトという感じ。パワーもそんな感じ。

全然ハイテクじゃないってのは想定通りでしたが、「すごくダメシャフト」と思ってたのが「めっちゃ普通のシャフト」という印象に変わってました。わたしの腕がアップしたのか、時間が立ってシャフトの特徴が変化したのか、単に前回つけてたタップが大ハズレだったのか^^;;

ちなみに普通のランブロスのラミネートシャフトは、わたしがもっていたノーマルシャフトよりもわずかにトビが小さくて、わずかにパワーが多いという印象があります:->といっても、あくまでも印象^^;;大きくは違いません。こっちのプロトタイプのラミネートの方が少しトビが大きいし、撞いた感触が棒っぽいです^^;;