最近ちゃんと練習してなかったので、夜遅かったのですが子供が寝てから一人練習してきました:->

基本的にまっすぐのショットと、苦手な球でのルーチンの確認がメインでした。

ちなみにまっすぐのショットにはこんなのも含まれます:-> 図ではフリがありますが、まっすぐでやってます:->

いわゆる的球とタッチの球越しショット。

これ、手球の中心にきちんと構えるのが大事だなー、とは思ってますが、それだけでなく問題が..

まず立てキューの時に顔の位置がズレるという癖が私にはあります。これを修正したとしてもどうにもこうにもキューが右方向に出てしまいます。フィニッシュがなぜか思ったよりも右に行くので結果、入りません。

キューが横にでるのを見越せばごまかせるかもしれませんが、この段階ではそんなことしたくない…とあれこれ20分くらいやりましたが、全く分からないまま終了(=放置)また今度やってみよう:->

あとはひさびさに出しなんかも少しだけ練習したりして、といっても本当に少しだけ。

こういうので思っただけ動かす練習です。フリは毎回適当に変えて。

こういうのって、手球の転がりをある程度イメージして撞けばいいのですが、力加減をこんなもん、とイメージすると結構ズレがちなような…

でも手球の転がりをイメージすると手球のコントロールに意識がいってしまって、シュートが甘くなる気もするんですよね(この配置ならシュートにはあまり問題が出にくいけど)この辺は、ダシのイメージっていうか、そもそもどういうルーチンで球を撞くのかって話なのかもしれません。