(今回は全てはヒネリでなく衝突によるスロウの話)

新ラシャって、スロウが多いでしたっけ?スロウが少ないんでしたっけ?

どこかで新ラシャはスロウが少ないという話を聞いたこともあるし、新ラシャはスロウが多いという話も聞いたことがあります。

もちろん新ラシャではショットスピードを抑えてつくので、「同じショットスピード、同じフリで」という条件についてです。

以前私が試してた時には、「新ラシャだろうが、普通の速さのラシャだろうが同じくらいのスピードならばスロウの量は変わらない」と結論づけていました。もちろん、わたしの精度の範囲ということなので、(ショットと観察の)精度が足りないという可能性もあります。

 

ちなみに、上記観察結果になる前には、スロウの量は手球と的球が衝突の間に向こうに転がる量なので、「的球と手球の摩擦力の小ささの組み合わせなんだろうなー」と思っていたのですが、一方で「摩擦力が小さいと手球と的球が接触しているわずかな時間で向こう側に転がる(厚くなる)」のに「摩擦力が小さいと、早く手球と的球が分かれるので、この接触時間が小さくなる」の組み合わせで、相殺して効果0じゃない?と思ってました。

それなら摩擦0のテーブルならスロウが起きないのか?と尋ねられたら、「スロウは摩擦でなく、手球と的球のやわらかさ(や物性的な?)による問題で発生してるからねー」と思ってます。

 

あ、、あれなんだっけ?

 

 

あ、結論としては新ラシャで撞いてるとショットスピードを抑えて撞くことが多いから、スロウに苦労するんだな、だから1クッション増やすのね、ってことでした^^;;;

新ラシャは撞点がシビアなので、そちらに意識がいってしばしばスロウ忘れて撞いてました><)