相撞きをしていて、「あ、置きにいった!」と的球を抜くことありました。

これ、「置きにいった」というと、なんとなくストロークのミスな気がします。実際にストロークの際にショットの瞬間に減速をしてしまって撞いてしまうっていうような動作をしていると思います。

 

でも、先日、「置きにいった」時には、確実にストロークのミスでなくて、エイミング(狙い)のミスでした。結局狙いがアバウトなままで、「どこでも入るわ~」と撞いている時にこのミスをしやすくなってしまうようです。きっちり1点を狙っていけば、置きにいかないし、ぼやっと狙うと置きにいく、と。

 

これまでずーっっと、ストロークのミスだと思ってましたが、全然違うミスでした(もしくはそういうパターンが混ざり込んでるようです)