ジャンプは下手なんですが、ジャンプキューは好きです^^;;

というわけで普段はメッヅのJC-Tという初期のジャンプキューを使ってるものの、エアドライブ用の短いシャフト買っちゃってました^^;;

まぁ、実際には面白そうだから買っただけで、使わない気もしますが^^;;

 

ところで、これ、JC-Tは重すぎるからほどよい距離のダーツストロークが難しいってので、短いシャフトをバットの代わりにしようと思って買ったんですけど…

 

両方シャフト状態の時は短い方を使うんですよね?

Mezzのホームページ見てると…やっぱそうですよね。

知人もみんなこの短い方で飛ばしてるし..

 

わたしがやるとこの短いのだと、ストロークの距離が足りないのか飛ばしにくいです ><)レストの距離を短くしないといけないんで。

むしろ長いシャフトでそのまま飛ばした方がいい、なんでだろー

いや単にダーツストロークでしっかりスナップ効かせてないとかそういう話な気もしますが。

 

 

そういえば、わたしが思ってることがあって、ジャンプキューってのは、トビが大きいキューの方がよく飛ぶという仮説を持っています。

トビが大きいというのは先端部が重いってことですよね!!

これ、ハイテクシャフトをつけたプレーキューでジャンプさせるのが難しいってのは多くの人が経験してますよね?そんな感じです^^;;

 

ということは、ジャンプキューの先端部を重くしたらどうなるんだろう??

というわけで、10円玉3枚を重ねて、つまり30グラム分のおもりを先角につけてみました。均等に配置でなくて、まず、ジャンプした時に下になるように試してみました。なんか重さの分キューが逃げるので、よく飛びそうな気がする。

どうだろう??

 

試してみましたが、よく分かりません!

 

飛びやすくなったような、変わらないような…変わらないかな?

 

今度はジャンプした時に上になるようにしてみました。これ、わたしの仮説では飛びにくくなります。キュー先が下に逃げようとするには、上にある重りは邪魔なはず。

実際にやってみると、これは明らかに飛びにくくなる気がする!気がする!たぶん、飛びにくい!!

 

重りをシャフトの片側につけるなんてのは普通はやらないでしょうが、気になったんですよねー^^;;;

思っていたことの半分は検証できた気がしますが、もう一方はよく分かりませんでした^^;;