切れるキューってのはいろんなパラメータからなっていると思います。私は切れるキューというのは4つのパラメータがあると思ってます。

1.どこまで端がつけるか?
2.キューのパワー。
3.撞いた時に手球がどのくらい跳ねるか?
4.第4のパラメータ(上記以外に、キューのパワーに比べてスピンがかかるか?)

 

まず1については、まず端がつければつけるほどショットに比べてスピンがかかるので、切れるキューとなります。これはほぼ明らかでしょう。

ちなみに昔書いた記事で、トビが大きいキューの方がより端が撞けるという動画を載せた記憶があります。…が、記事が探せませんでした^^;;

たしか、その時に書いてたビデオはこちら。

ただ、その時いただいたコメントを見ていて、おそらくキューのトビによって限界は変わらないのではないか?、という話があった記憶があります。

おそらく1についてはキューによる差はほとんどないのではないかと思ってます。

 

2についてはキューのキレか分かりませんが、広義のキュー切れには入れられると思ってます。キュー切れというと、ショットスピードに比してのスピン効率を指すと思ってますが、ただ、パワーがあるキューはロングドローとかでたくさん引くことができるのである意味キューが切れるという印象があるかもしれません。

続く。