使っていたグリップタップは少し落ち着いてきました。

主観的な硬さ10が心地よいとすると、16だったのが14になった感じ^^;; 硬すぎる..

ともかく、タップ換えて最初の2,3時間で少しだけやわらかくなった気がしますが、そこからは変わらず…

つらい。

 

なんかつらい。端っこも撞いていいかどうかよくわかりませんし。

信頼しきれない感じでしょうか。こういうのは撞くことで信頼をしていくという感じなんでしょうか?

 

わたしは感覚が鈍いのか、ロボ派なのか分かりませんが、あまりタッチとかよく分かりません。タップによって最適な撞き方が違うともちっとも思ってません(ただし、硬いタップは撞点限界が気持ち狭いとおもう。実際には硬さが主因でないけど、結局硬いと狭い)

でも、なんか変。これがタップによるものなのか、調子が単に悪いのかよく分かりません。おそらく厚みとかの見方がおかしい(すんなり構えられない)からタップのせいじゃないとは思うんですが。

 

 

ところで自分の球も方向性はどこなんだろう?、と。

時間があれば球を撞こうと思っていますし、練習をする気もあります。

でも、どこに向かっていて何をどうすればいいのだろう?、と。モチベーション不足。

 

 

といっても、だいたい同じくらいの腕の友人を見ていても、わたしができないショットを多用しているので、そういったものを覚えるってだけで3ヶ月は楽しめるかなー、とも思いますが。

年の初めは今年こそ14.1でハイラン50!、とか思ってるんですけど、そこまでに行く方法がまずショットの安定性の向上(イージー抜かない)、次に最後の3つくらいでのポジションをより正確に、という2つだと思ってまして、結構ざっくりした(そして全般的な)課題なので、だんだんとモチベーションの問題になっていきますよねー。

もうちょっとブレイクダウンした目標がやっぱりいるのかなー。