タップを変えた後遺症がまだ残ってます。引き球が安心できない…おおよそ真ん中のあたりはいいのですが、端っこあたりを撞くことの不安がまだ解消されません。

これって撞きこむかタップを換えるかしないと治らないタイプの奴ですよね。

 

 

入れの見方を変えたら少し入るようになった気がしましたが、気のせいでした。

いや、厳密には気のせいだったと思ってたのは、少しだけ手順を変えていたせいで、その反動が大きかったということでした。

アドレスにしろ狙い方にしろ些細なところが意外と大きな影響を与えるんですね。ポケットから的球の中心(真下のラシャとの接点点)を目で追うという手順があるのですが、これを逆に的球からポケット方向に見るといけないようです。

また、ここを雑に、ポケットから的球の中心(真下のラシャとの接点)を結んだラインをイメージしているとダメなようです。どんだけ繊細なんだ。

 

P.S.
球が入らなくて、落ち込んだりもしたけど、私はげんきです(^^)//