最近、古いスヌーカーの本を買ってみました。25年くらい前のもの^^;;

ちなみに同じかもうちょっと後の本も一冊手元にあります:->

 

スヌーカーでは、「キューは顔の中心に」と教えているようです。ビリヤード(ポケット)では、キューは顔の中心か、利き目(その定義はともかくとして)の真下にと教えることが多いような気がします。せいぜい、利き目の真下でなくとも、そのあたり、って感じでしょうか。

 

この時代の本でどう書かれていたか、と実際のプロの写真が気になってみてみましたが。

本文中の記載では、「キューは顔の中心に、と昔は言われていたけど、最近のトレンドは顔の中心もしくは利き目の真下に」とありました。そして、プロの写真(顔の中心の選手と、右利きで右目利き、左目利きの選手)が載ってました。

 

あー、別にスヌーカーといっても必ずしも顔の中心とずっと行ってたわけじゃないんですね。もっと新しい本も買おうかな。