練習ってなんでしょう?一人で撞けば練習?相撞きでも練習?

一人で練習するとしても、何をどうするかってのは難しいとこですよね。ミスをしないまで練習するのか、成功率を上げるだけで満足するのか。

ミスをしないといっても、本当に全くミスをしないまでっていうのはどこまで可能なんでしょうか?

 

そもそも練習の時の8割を9割まで上げるってのはできるとしても、9割を9割5分に、もしくは9割5分を9割7分にするってのはかなり厳しそうです。その道を超えていくのがプロなんでしょうけど、わたしはそこまでビリヤードをやる気も時間もないですし、うーん。

 

でも、この練習で5割を8割に上げていく練習があるとして(もしかすると7割を8割かもしれないけど)、それって練習のテンションによって大きく異なりますよね。

ビリヤードへのモチベーション自体は低いものの、練習の精度をあげようという気持ちはぼちぼちあります。むしろ、そのモチベーションは高いかも..

 

なんだろう、モチベーションって^^;;でも、たぶん球撞きをしたいモチベーションと練習をしたいモチベーションは別物ですよね、きっと。相撞きはしたいけど、一人で練習したくないってこともあるし、逆もあるんだから。

そう考えるとタップがおかしいので、このコンディションでは人とは撞きたくないけど、一人でタップと戯れたいってのはあるのかな。

 

さて、練習の精度を上げるってのは、よく分からない主観的なものなので、ちょっとづつ体感していますが、全体的に何をどうしているのかってのがよくわかりません^^;;

上手くすっと、入れのラインがきちんと見えて、そこに対して丁寧につけるときもあるのですが、集中していないとそこがアバウトなままで漠然とポケットを狙ってしまうことがあります。

だからといって、そんな球を一々集中して撞かないといけないっていう状況では、抜きまくるわけなので、ここのギャップを攻めていくというイメージではあるんですが..