ビリヤードの練習や気づいたことなどに関するあれこれを書いていきます。
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • フォーム・ストローク

フォーム・ストローク

オープンブリッジの多大なるメリット?

このブログの読者の方は、Colstate.edu(コロラド州立大学)のDr.Daveをわたしが好きということはご存知かもしれません。え?そんなマニアな読者は二人くらいだって? そんな方にでも、オススメなのが以下のリンク先 …

利き目問題

最近、古いスヌーカーの本を買ってみました。25年くらい前のもの^^;; ちなみに同じかもうちょっと後の本も一冊手元にあります:->   スヌーカーでは、「キューは顔の中心に」と教えているようです。ビリヤー …

引きのキューレベル考

    昨日のベネルクスオープンでは、Joshua Filler(ジョシュア・フィラー)が、Nick van den Berg(ニック・バンデンバーグ)を破って優勝だそうですね。 日本の若手も頑張って …

肘の場所

フォームを前から見た時の肘とキューの関係は大きく言えば3つあると思います。 こんな感じでしょうか。 シンプルですね^^;; 左の図は肘が外に出てる感じ、真ん中は肘がまっすぐ、右の図は肘が内側に入ってる感じ、でしょうか? …

変な癖

自覚的ではない変な癖ってのはいろいろあると思います。ありませんか? わたしの癖の一つとして、キューと肘(の中心のつもり)と肩のラインを確認する際に、キューを短く持つというのがあります。 というか、こんな癖があることによう …

フィニッシュの形問題

昨日書いてたキューの終点問題ですが、解決の方法は見えました! ただし、これを習慣化するには結構かかりそうです!!   ところで、ビジネス書なんかでは習慣化するには21日間必要なんてデタラメが書いてありますが、ス …

右フリが苦手(という人がいた)

今日はアマローテでしたね。愛知のエース、島田選手の優勝!!!トップアマの小川選手が準優勝でしたね。我らが(?)教祖さまは第3位と信者としては嬉しい限りでした(残念だけど^^;;)   さて、先日、友人と話してい …

あれれ?球を斜めにしてみたら

ぜんぜん、ビリヤード関係ないことですが、わたしは長らく読書会をしてるんですが、そこでガザーリーについてやってました。あ、ガザーリーってのは中世イスラムの神学者です。ラテン名のアルガゼルという方が有名かもしれません。これが …

ロングドローの撞点

本を買ってみました。 ちなみにわたしはそれなりに本が好きなんですが、読む読まないに関わらずとりあえず買っておかなければならない本というものを経験上学んでおります。 1.高い本 2.マニアックな分野の本 これです。この2つ …

切り引き練習

USオープンは結局ボーニングの5度目の優勝で終わりましたね^^;; ナインオンフットでブレイクボックスという過酷なルールだったし難しそうですよねー。 ちなみに決勝戦でザンロンリンはブレイクスクラッチしまくりだったとか(← …

1 2 3 8 »

最近の投稿

最近のコメント

よく見てるビリヤードページ

☆ニュース系
Billiard Days
ビリヤード情報がたくさんまとまっているサイト。

BLOG at On the hill!
ビリヤード情報がたくさんまとまっているサイト。更新がめっちゃ多いです。


☆ブログ系
鈴木さんちの球日記
ビリヤード界では有名なブログ。よって言うまでないかも。

球バカ日誌
海外ネタや動画ネタが多いです。鮫さん、更新お願いしマース。

行け!武蔵小山撞球隊
文体はおちゃらけ気味ですが、いたって楽しいブログです。14-1ネタが多い。

センターショット100球!
同じセンターショッター(?)の香りを感じる同志。同じあたりをぐるぐる迷いながら成長してる感がたまりません!

ハードブレイクとビリヤードと
C級〜B級の人がA級になるには、といったテーマでひたすら技術的な内容と解説してるページ。配置図がめっちゃあって楽しいです。ただし、更新は長らくとまってます。

ビリヤードと日々の日記
ブラッドEXさんのビリヤードブログです。A級のブラッドさんの工夫がいろいろ伝わってきて、自分のことを振り返る良い機会になってます。基本的には更新を止めています。

ビリログBtoA
fumyさんのビリヤードブログです。配置図がふんだんに使われているブログです。fumyさんが悩んだ配置などをいろいろ書かれています。やっぱり図が多いと見てて楽しいですよね。

PAGETOP
Copyright © なすみその球撞き All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.